toggle
2024-05-31

プーライエを見学しました。

2024年5月12日に、井本先生と学生で鯨井勇さんの自邸「プーライエ」を見学しました。

プーライエは多くの古材が用いられており、増改築を繰り返しながら現在も住まわれています。

居間

開口部の位置は隣地の境界部分に配置することで将来的な眺望を確保しているそうです。

台所の高さが奥さんが使いやすい高さになっていたり、浴室と居間が大きな窓でつながっていたり、室内のそれぞれの部屋の住まい手への配慮を見ることができました。

また、鉄骨が入っていたりと耐久性の部材を実際に見ることができて勉強になりました。

アトリエから見た菜園

それぞれの部屋で暮らした思い出を聞きながら見たことで、鯨井さんの建築を体感することができました。

この度は貴重な経験をさせていただきありがとうございました。

関連記事